4895982_m.jpg

国際カウンセリングルーム

人間関係やお仕事のストレス、理解されない思いをゆっくり聞かせてください。

お問い合わせ
5059074_s.jpg

所属の臨床心理士の紹介

カウンセラー①

私は台湾出身で,2004年に来日しました。その後心理系の大学を博士課程まで進み,10年ほど臨床心理学について学び,日本で認定されているこころの専門家「臨床心理士」、そして国家資格である「公認心理師」を取得しました。幅広く色々な方々を理解できるようになるため,専門的な学会で研究や発表をしながら現場の幼稚園や学校,病院で臨床経験を重ねてきました。現在は都内の精神科外来に勤めながら国立の研究機関で研究を続けています。また,日本台湾交流協会での仕事も請け負い,台湾人留学生の異文化による不適応などの問題に携わっていました。私自身は日本での生活や文化,習慣に慣れない日々を過ごしながら,カルチャーショックも多く経験してきましたが,その過程は簡単なことではなく,何度も心が折れそうな失敗体験を重ねて今に至ります。いつか人々を助けたい一心で勉強しながら日本の生活に馴染んできましたが、日本において外国人に対しての精神的な支援はかなり不足していることに気づき,在日の方を対象に心理的な支援をしていくことを決意をしました。どんなご相談でも構いませんので,一人で抱えずに,気軽にお問い合わせください。カウンセリングは中国語,台湾語,日本語に対応しています。

カウンセラー②

日本で大学を修士課程を経て臨床心理士、公認心理師の資格を取得しました。そして、「悩める方の話に耳を傾け心に寄り添うこと」を大切に職務に努めてまいりました。臨床心理士としては、精神科病院での臨床経験を中心に、小学校の教育相談や個人臨床の経験を積んできました。それぞれの現場では本当に多くの、そしてさまざまな悩みを抱えた方の支援をさせていただきました。精神疾患により社会復帰が困難となっている方や社会で充実した生活を送れているように見えて内実はとても不安や恐怖に怯える方、子育て不安を抱え相談に来られる主婦の方、教育の現場で理想とは狭間の現実に苦しむ教職員など本当にたくさんの方にお会いしてきました。そんな中で、在日中国人・台湾人の方もいらっしゃいました。言葉や文化の違いで深く話を伺うことができず、とても心苦しい気持ちを感じています。そしてそんな日本で暮らす外国人の方が、どれだけこの日本で拠り所がなく、孤独を抱えながら生活しているのだろうと思いを馳せました。

そんな方々が気兼ねなく相談できる場を作りたいと思いこのカウンセリングルームを開設するに至りました。お気軽に問い合わせていただけたら嬉しいです。

お問い合せ

​​お問い合わせや予約申し込みはこちらから。

送信が完了しました。